アルク 挑戦TOEIC900点プログラム 受講体験記~講座の概要・注意点

ALC_TOEIC900_640234

アルク 挑戦TOEIC900点プログラムとは?

この講座は、英辞郎でお馴染みのアルクが提供するTOEIC対策教材の一つで、正式名称は「挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム」です。「800点」「730点」「600点」…などさまざまなレベルがある中で「900点」は最高レベルになります。

この講座の最大の特徴は「ビジネスや生活の現場を疑似体験するプロジェクト学習」にあります。「プロジェクト学習」とはどんなものか分かりにくいかもしれませんが、一言で言うと、上司からの指示や取引先との電話での会話の場面をリスニングしたり、メールや資料などのリーディングをしたり、さまざまな情報を総合的に判断して一つの答えを導き出す、というものです。プロジェクトの学習内容自体は、TOEICの対策というよりは、英語力全体の底上げを図ったもので、単にTOEICで点数を取るだけではなく、その点数をひっさげて外資系企業に転職したとしても通用する実践的な英語力がつくように考えられているという印象です。はっきり言って、TOEICの問題を解くよりはるかに難しいです。リスニングはTOEICの問題よりずっと長いですし、リーディングはさまざまな種類の資料があり、一つ一つのボリュームもかなりあるので、かなり頭を使って考えながら読む必要があります。かと言ってTOEIC対策をおろそかにしているわけではなく、毎週、TOEICの問題(Part1~Part7)を25問に圧縮した「Weekly TOEIC Test」があります。それはもちろんTOEICの問題を解く練習であるのと同時に、そのテストの中にはプロジェクトのテーマに関連する設問があちこちに散りばめられているので、プロジェクトで得た知識や思考回路をTOEICの中で生かすエクササイズができます。

プロジェクトの内容は、「スケジュール調整」「顧客からの大口注文に対応」「社内の備品を買い替えよう」「海外進出の候補地を選べ」などビジネスに関するテーマが比較的多い(これはTOEICの性格上妥当でしょう)ですが、「転勤先の新居を探せ」「彼女へのプレゼント選び」「子育ての役割分担を決める」など家庭的・日常的なものもあります。変わり種で面白かったのは「野球選手の代理人を務める」というプロジェクトで、メジャーリーガーの年俸や付帯条件を交渉して所属先を決めるという、テレビの向こうの世界を擬似体験できました。どれもそれぞれ趣向がこらされた異なるプロジェクトなので、毎回新鮮な気持ちで取り組むことができます。

標準的な学習期間は6ヶ月(※正確には24週間)で、1日の想定学習時間は60分とされています。メインテキストには、主な内容であるプロジェクトの他に、読み物とちょっとした練習問題から成る『Communication Accelerator』や、TOEIC形式の『Weekly Test(25問)』、『Monthly Test(100問)』も含まれています。また、『アラカルト集』という補助テキストもあり、これにはその週のプロジェクトに関連するミニプロジェクトが盛り込まれています。その他には単語テキストもあり、これらをどのようなペース・スケジュールでこなすかについては、各自工夫が必要かと思います。管理人が実践したスケジュールについてはこちらの記事をご参照ください。

スコア保証やお祝い金などのキャンペーンについて

お安くはない講座なので、実は管理人もこの講座を受けるに当たって迷いはありましたが、900点に到達しなかったら全額返金という「スコア保証」キャンペーン中であったことが受講の後押しになりました。しかし、これに関しては適用条件が甘くはないので十分ご注意ください。

guarantee4
「全7回のテスト」とは、「Primary Test(200問)」、「Monthly Test(100問)」×5回、「Final Test(200問)」です。900点を目指す講座なのに適用条件が「86点以上」とか「850点以上」ということからも想像がつくとは思いますが、テストは本番のTOEICよりも難しいです。管理人の印象では問題文というより設問が難しいように感じます。ちなみに管理人の全7回のテストの結果は以下の通りでした。

testoco-result2

ご覧の通り、薄氷の条件クリアです。Primary Testで144点(TOEIC換算点660点!)を取ったときには、もうどうしようかと思いました(笑) 管理人は2008年に865点というスコアを取ったことがあるにもかかわらずです!Primary Testの時点ではTOEIC形式の200問の問題を解くのは8年ぶりだったということもあり、英語力が錆びついてしまったことを痛感するとと同時に、TOEICはテスト慣れすることも大事であることを感じました。リスニングでちょっと聴きとれない問題があると焦ってしまい、次の問題の設問を読みそびれ、結局また問題が解けなくて焦る…、リーディングでは読むのが遅くて、まずいと思って焦ると、読んでいるものが頭に入らない…という悪循環です。講座を通じて、英語力をブラッシュアップすると同時に、テスト勘を取り戻す必要もありました。

第一回目のMonthly Testでも8割に届かず。この時点ではスコア保証はほとんど諦めていましたが、やはり条件はクリアしなければ悔しいというのと、何より自分の英語力が錆びついたことのショックで、限られた時間の中で必死に勉強しました。その甲斐あって、その後のテストでは辛うじて条件をクリアすることができましたが、本当にスレスレでした!管理人の経験上、あまりスコア保証は期待しないほうがよいということは言っておきます。これは受講する多くの人にとってかなりキツい条件だと思います。ちなみに、詳しくは後述しますが、管理人は受講終了後すぐのTOEICでは、900点に届かず(880点)、その後さらに教材を使って勉強を続けたことで、その次の受験でようやく935点というスコアに辿り着きました。スコア保証の条件を楽にクリアできるような人は、本番では楽に900点を取ることができると思います。とは言え、キャンペーンに申し込むからには適用条件をクリアしようと一生懸命勉強するはずですので、条件をクリアできようができまいが、キャンペーンに申し込むことは意味があると思います。

講座の受講を考えている方へのアドバイス

「この講座を受ければ900点が取れる」とは軽はずみには言いません。そもそもこの講座を受けようと考えているレベルの方は、語学の勉強がそんなに甘いものでないことはよく分かっているでしょう。しかし、900点を取るために必要なものがこのテキストに詰まっているということは間違いなく言えます。

具体的に言うと、「ただプロジェクトの答えを出せばいい」という使い方をしては900点を取ることはできないでしょう。リスニングに関しては、教材のスクリプトをシャドーイングし、一言一句聴き取れるようになるまで聴きこむことをおすすめします。スクリプトはTOEICのPart4に出てくるスクリプトよりずっと長いものが多いので、これをしっかり聴き取れるようになれば本番のリスニングが易しく感じられるようになります。リーディングも分からない単語は全て調べ、スラスラ読めるようになるまで何度も読み込むとよいでしょう。Weekly, Monthlyなど全てのテストも、最低二度は解くことをおすすめします。この教材全てを骨の髄までしゃぶりつくすくらいに使いこめば、900点が見えてくるでしょう。

900点を取るという目標の他に、外資系企業への転職を考えている、あるいは今勤めている会社で英語を使ったプロジェクトに携わる予定がある、などという方にとっては、この講座は大いにおすすめです。というのは、この講座は、TOEICで点を取ることだけを目指しているのではなく、実践のビジネスの場面で英語を使いこなせるようになってほしい、というアルクさんの姿勢が教材の至るところに垣間見えるからです。逆に言うと、英語は実際に使う予定がないけれど、とにかく最短距離で”TOEIC900点”という称号だけが欲しい、という方にはおすすめしません。管理人自身、935点を取得したとは言え、まだまだ決して英語ペラペラではありません。TOEIC900点は決して英語学習のゴールではなく、まだまだ道半ばであることを改めて実感しています。

その他、商品の詳細についてはアルクのウェブサイトをご覧ください。

【関連記事】
アルク 挑戦TOEIC900点プログラム 受講体験記~教材について
アルク 挑戦TOEIC900点プログラム 受講体験記~管理人の学習スケジュール
アルク 挑戦TOEIC900点プログラム 受講体験記~TOEIC本番について
アルク 挑戦TOEIC900点プログラム 受講体験記~講座の概要・注意点

スポンサーリンク スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

1972年生まれ。
学生時代は塾・予備校で5年間英語講師を務め受験英語に精通するも、英会話はからっきし。
2007年、35歳にして英会話習得のために6ヶ月のフィリピン留学を敢行。
帰国後は外資系IT企業に転職。
2015年の第203回TOEICでは935点を取得しました。
管理人のTOEICスコア全履歴
管理人の詳しいプロフィールは「管理人のフィリピン留学体験記」をお読みください。

英語お役立ちサイト

管理人が運営する外部ブログです。

簡単ワンポイント英会話

.

ビジネス英文メールの虎の巻

管理人も経験したフィリピン留学!

ページ上部へ戻る