管理人のフィリピン留学体験記 その3~自主学習について

celi0

これから英会話を勉強したいと思っている方は、フィリピン留学に限らず、英会話スクールやオンライン英会話を利用する場合でも、ただレッスンを受けるだけで英会話ができるようになると思わないでください。管理人は授業時間以外はひたすら英語の勉強をしていました。以下にどんな自主学習をしたかをご紹介します。大まかには以下の5本立てでした。

  1. 瞬間英作文
  2. 予習・復習
  3. 「フレンズ」
  4. DUO
  5. オリジナル単語帳(暗記タイム)

瞬間英作文

正確には「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」です(こちらのページで詳しくご紹介しているので併せてご参照ください)。とにかく留学してすぐは、あまりにも話せなくて愕然としました。話したいことがあって、それを書いて英作文することはできるのに、口からは出てこないのです!

しかし、それは予想していたことではあったので、日本から持参したこの教材をてひたすらやりこみました。
はじめの方の章は簡単な英文なので(それでも”瞬間”に英作文するのは楽ではない!)1日3章、平均すると1日2章くらいやりました。このトレーニングは非常に疲れます!終わった後は長めの休憩をとりました。
1冊終わらせるのには2~3ヶ月くらいかけたでしょうか。1ヶ月くらい経ったところで、だんだん「話せる」ことが実感できるようになってきました。

予習・復習

管理人は「英会話レッスンは”勉強の成果を発表しに行く場”」というのが持論です。
例えるなら、「実戦で英語を使う場面=試合」で、「英会話レッスン=練習試合」のようなものだと思うのです。「試合」はもちろんですが、「練習試合」に向けてトレーニングを積んでおくのは当然です。
レッスンでは、もちろんたっぷり会話はするのですが、レッスン自体はテキストなりプリントなり何らかの教材に沿って進められます。その教材の中に自分の知らない単語があったら、その単語はレッスンの会話の中で自分が「話せない」「聴き取れない」ことになってしまいます。レッスンをより有効にするためには、教材の予習は必須だと思います。例えるなら、「瞬間英作文」が「素振り」のような練習で、「予習」は「その日の対戦相手の研究」のようなものと言えるではないでしょうか。

どれだけ対策を立てて”練習試合”に臨んでも、レッスンを受けるとさまざまな反省点が出てきます。具体的には、レッスン中に「自分が言いたいのに言えなかったこと」や「先生に言われて自分が意味を知らなかった(または聴き取れなかった)単語」などがあります。レッスン中にそういったものに直面したら、さっとメモしておき、授業後にしっかり意味を調べて、例文と共に”ノート”(後述)にまとめておきます。これが復習です。

レッスンの予習・復習に「やらされてる」感を持ってしまうのはもったいないことです。これから英会話レッスンを受ける方は、是非主体的に取り組んで、レッスンをより効果あるものにしてほしいと思います。

「フレンズ」

留学生仲間の中に「君、なんで留学しに来てるの?」と不思議になるくらいにペラペラに話せる日本の学生がいました。彼に英語の勉強法について聞いたところ、アメリカのコメディ「フレンズ」をすすめられ、ハマりました。映画やドラマは英語学習でよく使われる方法ですが、ものによっては描かれるシーンが日常生活とはかけ離れていて、言葉を覚えても使える場面がない、といったことがあります。その点この「フレンズ」は、全てがアメリカの若者の日常生活の会話なのが素晴らしく、すべてのセリフを自分で使ってみたくなる、まさに「生きた英語」です。当時の私のレベルでは(今のレベルでも)相当に難しく、もちろん一発で聴き取ることなど到底不可能ですが、ありがたいことにスクリプトや意味を紹介してくれるサイトがあります。特に使ってみたいフレーズを”ノート”に書き留めて覚えたり、スクリプトを読み込んでから流して聴き直したり、シャドーイングしてみたり、とさまざまな方法で活用しました。何より見ていて楽しいのが良く、息抜きを兼ねて勉強できるおすすめの教材です。
フレンズについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているのでご参照ください。

DUO

例文を覚えることによって単語・熟語をまとめて覚えるという有名な語彙教材です。これに出会ったのが留学の終盤だったのが残念!もっと早く出会いたかった!DUOについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

オリジナル単語帳(暗記タイム)

“ノート”と前述したのが、私が「オリジナル単語帳」と呼んでいるものです。これには、予習・復習の語彙、「フレンズ 」で見て覚えたいと思ったフレーズ、グループクラスで誰かが言っていて「使えるな」と思った表現、身の回りにあって「これ英語で何て言うんだろう?」と思ったもの、などなど、留学中に触れた全ての英語で、自分が「使ってみたい」「聴き取りたい」と思ったものを片っ端から書き留めています。書いたものは日に日に増えていき、もちろん一度書いただけでは覚えられないので、毎日見返しました。「オリジナル単語帳」についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので併せてご覧ください。

勉強法は人それぞれ、世の中にある英語教材もさまざまですが、ここで紹介した教材や勉強法は、幅広い人に自信をもってすすめられるものです。留学予定でなくても、英会話を身につけたいと思っていて、まだ勉強法が定まっていない人は是非参考にしてみてください。

管理人のフィリピン留学体験記 その1~動機から決断まで
管理人のフィリピン留学体験記 その2~授業について
管理人のフィリピン留学体験記 その3~自主学習について
管理人のフィリピン留学体験記 その2~留学生活について

フィリピン留学のすすめ~フィリピンか欧米か
フィリピン語学学校紹介

スポンサーリンク スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

1972年生まれ。
学生時代は塾・予備校で5年間英語講師を務め受験英語に精通するも、英会話はからっきし。
2007年、35歳にして英会話習得のために6ヶ月のフィリピン留学を敢行。
帰国後は外資系IT企業に転職。
2015年の第203回TOEICでは935点を取得しました。
管理人のTOEICスコア全履歴
管理人の詳しいプロフィールは「管理人のフィリピン留学体験記」をお読みください。

英語お役立ちサイト

管理人が運営する外部ブログです。

簡単ワンポイント英会話

.

ビジネス英文メールの虎の巻

管理人も経験したフィリピン留学!

ページ上部へ戻る