英語の発音学習の難しさ

英語の発音学習の難しさ はコメントを受け付けていません。

l-r

おそらく皆さんも実感していることと思いますが、日本人にとって英語の発音は難しいです。
ではなぜ難しいのでしょうか?
理由は簡単。日本語と英語の音韻体系が非常にかけ離れているからです。

例えば、「about」という単語をゆっくり発音してみてください。
日本語でも「彼はアバウトな人だ」というような表現があるので、「about」をゆっくり発音しようとすると、つい出だしが「ア」の音になりがちです。
(ちなみにこの「アバウト」は和製英語で、英語の「about」には「適当な、いい加減な」という意味はないので注意してください!)

しかし、「about」は辞書に記載されている発音記号では[əbáut]となり、冒頭の[ə]の音は日本語の「ア・イ・ウ・エ・オ」のどれでもなく「弱母音」または「曖昧母音」と呼ばれます。全ての母音が、アクセントがない場合、この音になります。
強いて日本語の「ア・イ・ウ・エ・オ」どれに近いかと言えば、あまり口を開けないで発音した「ア」に近いと言えるでしょう。しかしそれはあくまで「about」の場合。前後が他の音の場合はまた異なります。例えば、
「elephant」[éləfənt]の場合は「エ」に近くなります。
「contain」[kəntéin]の場合は「オ」に近くなります。
「animal」[ǽnəml]の場合は「ウとイの中間」のようになります。

このように、[ə]は不思議な音で、単語の綴りの影響を受け、「ア・イ・ウ・エ・オ」のどれにも聞こえることがあります

そこで、弱母音の発音を覚えたいと思ったら、カタカナの音に引きずられそうになるのを我慢して、この音が含まれる単語や文をできるだけゆっくり発音してみるのが有効です。

ついでに、上記の「animal」の冒頭の[ǽ]の音は「アとエの中間」と説明されることが多いですが、これも日本語にはない音です。この音は、咽頭をやや緊張させた状態で「アとエの中間」を意識して発音するのがコツです。

この他にも、英語には日本語には存在しない母音・子音がたくさんあります。日本人が苦手な有名どころでは、「lとrの区別」「sとshの区別」があります。
例えば「Truly rural」(本当に田舎の)を発音してみてください。舌を噛みそうになるのではないでしょうか。自信を持って正確に発音できたら立派なものです。

このように、音韻体系がかけ離れているということは、単に発音がしづらいというだけではなく、聴いたときに認識しづらいということでもあります。これは、「シャドーイング」というトレーニングの理論(「自分で発音できる音=聴き取れる音」)にも通じます。
人間は、生後一年くらいで母音・子音を識別する脳の枠組みが出来上がるそうです。昨今、早期の英語教育の必要性が叫ばれていますが、赤ん坊のときに日本語環境の中で育てられるのであれば、ほとんど焼け石に水と言ってもよいかもしれません。日本人は英語の音を聞き分けることにおいて、英語のネイティヴスピーカーよりはるかに大きなハンデがあるということを自覚しないといけません。

スポンサーリンク スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

1972年生まれ。
学生時代は塾・予備校で5年間英語講師を務め受験英語に精通するも、英会話はからっきし。
2007年、35歳にして英会話習得のために6ヶ月のフィリピン留学を敢行。
帰国後は外資系IT企業に転職。
2015年の第203回TOEICでは935点を取得しました。
管理人のTOEICスコア全履歴
管理人の詳しいプロフィールは「管理人のフィリピン留学体験記」をお読みください。

英語お役立ちサイト

管理人が運営する外部ブログです。

簡単ワンポイント英会話

.

ビジネス英文メールの虎の巻

管理人も経験したフィリピン留学!

ページ上部へ戻る