ネイティヴの発音指導は正しい?~発音記号習得のすすめ

phonetic-chart640234

発音は英語力を構成する大事な要素の一つです。しかしながら、あくまで要素の一つですので、語彙力や文の組立てなど他の要素がそこそこできていれば、多少発音がおかしくても話すことは通じます。
しかしながら、長期的に見た場合、発音をしっかり習得していないと、英語力の質には悪影響を及ぼします。
理由は、「発音を習得」するということは「意識的に音を区別する」ということ。「意識的に音を区別する」能力がないと、「聴き取る力」が育たないからです。そして、「聴き取る力」が育たないと、インプットの量が格段に減少するからです。

そこで、留学、英会話スクール、オンライン英会話、等々でネイティブに発音を指導してもらう選択肢がありますが、ここで注意しなければならないのが、「ネイティブスピーカーに発音指導ができるとは限らない」ということです。
言うまでもなく、ネイティブは正しい発音をすることができます。しかし、母国語であるがゆえに、英語の発音を体系的・分析的に理解していないことが多いのです。

逆に皆さんが、外国人に日本語を指導していると仮定して、おかしな発音に気づいたときのことを想像してみてください。正しく指導できる自信があるでしょうか?
「なんかその発音違うよな~」と思うでしょう。そして「いや、こう発音するんだよ」と実演してみせるでしょう。あるいは相手のおかしな発音を真似してみて、「××じゃなくて○○って発音するんだよ」くらいはやってみるでしょう。
おそらくできるのはその程度です。その指導で、発音が矯正されるかどうかはなんとも言えません。
なぜその人はこの発音ができないのか、口の形・舌の位置がどうなっているのが間違っているからであって、本来どうであるべきなのか、そうしたことを適切な言葉を使ってロジカルに説明できないと、効果的な指導とは言えません。

発音とは、音声学であり、語学の中でも一つの独立した領域で、専門的な知識が必要です。
もっとも英語講師を名乗る人間であればそうした知識を持っている方もいるでしょう。しかし残念ながらみんながみんなそうではありません。
むしろ、日本人でもし音声学を学んだことのある人だったらその人から教わった方がよいくらいです。

そこで是非おすすめしたいのは、発音記号を読めるようにすることです。

英語の発音をしっかり区別するには、「なんとなく違うな」という意識ではなく、系統立てて把握することが必要です。そのためには発音記号は大きな助けになります。
それぞれの音を意識的にしっかり区別する努力を続けることで、聴いたり発音したりする力は大きく向上します。また、発音の仕方の基礎を理解しておくことによって、ネイティヴから発音を矯正された場合には、自分の何が違っているのかをより明確に理解することができます。

こちらのページで、音声付で発音記号の一覧を紹介していますので参考にしてください。
発音記号一覧(音声付き)

また、発音記号や発音の基礎ついて、集中的にしっかり身につけたい方には、以下の教材が簡潔にまとまっていておすすめです。
世界一わかりやすい 英語の発音の授業

スポンサーリンク スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

1972年生まれ。
学生時代は塾・予備校で5年間英語講師を務め受験英語に精通するも、英会話はからっきし。
2007年、35歳にして英会話習得のために6ヶ月のフィリピン留学を敢行。
帰国後は外資系IT企業に転職。
2015年の第203回TOEICでは935点を取得しました。
管理人のTOEICスコア全履歴
管理人の詳しいプロフィールは「管理人のフィリピン留学体験記」をお読みください。

英語お役立ちサイト

管理人が運営する外部ブログです。

簡単ワンポイント英会話

.

ビジネス英文メールの虎の巻

管理人も経験したフィリピン留学!

ページ上部へ戻る