企業の採用・昇格等に必要なTOEIC点数まとめ

TOEIC_marksheet570208

∉以下は、有名企業における「採用、配属、昇格」等に必要なTOEICの点数一覧です。

点数企業名条件
900点松下電器配属(国際広報)
860点野村ホールディングス採用(グローバル型社員)
三菱商事社内留学
富士通海外出張
850点NTTコミュニケーションズ採用
800点野村不動産採用
住友不動産採用
KDDI配属(事務・技術職)
三井住友銀行昇格(総合職)
日立製作所昇格(経営幹部)
日本マクドナルド海外赴任
750点三井物産入社3年目
丸紅入社5年目
三菱商事昇格(課長クラス)
楽天昇格(部長クラス)
730点ソフトバンク採用
武田薬品採用
日本IBM昇格(次長クラス)
住友商事昇格(管理職)
三菱商事海外赴任
700点NTT東日本採用
ファーストリテイリング採用
キリンビール配属(事務・技術職)
楽天昇格(課長)
資生堂海外赴任
三菱電気採用
旭化成採用
ブリジストン採用
東京電力採用
三菱自動車採用(事務職)
伊藤忠商事入社4年以内
シャープ昇格(課長)
大和運輸採用
650点アサヒビール採用
ソニー昇進(係長・課長クラス)
楽天昇格(係長クラス)
シチズンホールディングス採用
日立製作所昇格(課長クラス)
600点ニトリホールディングス採用
楽天配属(一般職)
トヨタ自動車昇格(係長クラス)
マツダ昇格(課長クラス)
キヤノン海外赴任
580点三菱商事全社員
550点住友金属工業全社員
500点クラレ昇格(係長クラス)
コマツ昇格(課長クラス)
帝人昇格(課長クラス)
日産自動車海外赴任

こうして見ると、日本のトップ企業がさまざまな形でこぞってTOEICを利用していることが分かります。

野村ホールディングスの「860点」に驚きましたが、調べてみるとこれは「グローバル型社員」という特に難易度の高い一部の新卒のみが対象とのこと(※ちなみに初任給54万2000円!)。

NTTコミュニケーションは新卒全員が850点ということで、全体に求めるレベルはここが一番高いと言えます。

三菱商事は、当初は580点と緩めですが、その後昇格のいたる節目で得点アップを求められます。英語の勉強から逃れられないのでこれはこれでキツそうです。

TOEICの点数が英語力の全てを表すわけではありませんが、私自身フィリピン留学後は特にTOEIC対策の勉強をしなかったのに、スコアが200点以上アップしたという実体験があります。
上記企業の社員の方や学生の方など、必要に迫られてTOEICを受ける方もいるでしょうが、そうでない方も英語学習の到達度の一つの目安として受けてみるのも面白いと思います。

スポンサーリンク スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

1972年生まれ。
学生時代は塾・予備校で5年間英語講師を務め受験英語に精通するも、英会話はからっきし。
2007年、35歳にして英会話習得のために6ヶ月のフィリピン留学を敢行。
帰国後は外資系IT企業に転職。
2015年の第203回TOEICでは935点を取得しました。
管理人のTOEICスコア全履歴
管理人の詳しいプロフィールは「管理人のフィリピン留学体験記」をお読みください。

英語お役立ちサイト

管理人が運営する外部ブログです。

簡単ワンポイント英会話

.

ビジネス英文メールの虎の巻

管理人も経験したフィリピン留学!

ページ上部へ戻る